ドライアイの症状:

目がかわく・まぶしくみえる・みづらい・不快感・違和感・つかれめ・充血・涙がでる 等

日常生活に支障をきたし、仕事の生産性にも影響を及ぼすこともある重要な疾患です。

パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用中の違和感の原因となることもあります。

くろめ(角膜)表面には、まばたきをするたびに3層の涙液層が形成されます。

○油層   →マイボーム腺

○水層   →涙腺

○ムチン層 →結膜上皮細胞

涙液層の不安定性がドライアイの主な病態とされていますが、その原因・誘引は多岐にわたります。

ドライアイは疾患概念および診断/治療も、日本と欧米でかなり違いがあることに驚きました。留学中はドライアイの基礎免疫学研究に携わる機会もあり、多くを学ぶことができました。

診察:

BUT検査(細隙灯顕微鏡・フルオレセイン染色)を行い、涙液層の安定性/角膜表面の傷の状態を把握します。

治療:

主に炎症に主眼を置いた点眼処方を軸として、良好な結果を得ています。

画像結果と併せて、現在の状態をご説明した上で今後の方針を提示します。

必要に応じて点眼を調整、コラーゲンプラグ(涙点プラグ)を用いた加療もおこないます。

どうぞよろしくお願い致します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly