Return to site

“眼の炎症(ぶどう膜炎)は心臓の危険もある”

サルコイドーシスは全身リンパ節の腫れを主体とする疾患。

昨年1月米国医師会雑誌に掲載された論文より:

127人のぶどう膜炎患者さんのうち、33人はサルコイドーシスの可能性がありそのうち9人は

心電図に異常があった。

4人(平均年齢67歳)は心サルコイドーシス

心室性頻脈があり、心ペースメーカーの適応となった。

眼の疾患から心臓の病気(突然死の危険)がみつかるということもあります。

JAMA Ophthalmol. 2018;136(2):109-115.

(以前の経験)飛蚊症の症状からぶどう膜炎の診断、眼炎症の状態からサルコイドーシス疑いと判断し近隣の内科に紹介、さらに基幹病院での検査でサルコイドーシスの確定診断。心サルコイドーシスに対してペースメーカー埋込となったかたがいらっしゃいました。眼から全身の病気がみつかる良い例と心に刻まれています。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK