サイトへ戻る

失明の危険がある消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)

現在アルコール消毒液が足りず、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒をおこなっている方も多いかと思います。

厚生労働省では、

社会福祉施設等に対する「新型コロナウイルス対策 身のまわりを 清潔にしましょう。」

として、次亜塩素酸ナトリウムの使用を推奨しています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000617981.pdf

ハイター(花王)、カネヨブリーチ(カネヨ石鹸)、ブリーチ(ミツエイ)などの塩素系漂白剤はアルカリ性です。

アルカリ性の液体は「親油性(lipophilic)」で、酸性の液体に比べてかなり早く目を溶かしてしまいます:

細胞膜の脂肪酸をけん化(油脂のアルカリ加水分解)、角膜実質を貫通しプロテオグリカン基質とコラーゲン線維(繊維)を破壊します。破壊された細胞はタンパク質分解酵素を産生し、さらに眼球の奥まで障害を広げていきます1

「アルカリ眼外傷」はとてもひどい障害を目に残してしまうため、眼科医療機関でも非常に恐れる緊急疾患です2

使用される際は目に入らないように十分に注意していただき、万が一の際にはすぐに流水で目を洗い、お近くの眼科を受診されてください。

(参考)

1. Fish, R., Davidson, R.S., 2010. Management of ocular thermal and chemical injuries, including amniotic membrane therapy. Curr Opin Ophthalmol 21, 317–321. https://doi.org/10.1097/ICU.0b013e32833a8da2

2. Baradaran-Rafii, A., Eslani, M., Haq, Z., Shirzadeh, E., Huvard, M.J., Djalilian, A.R., 2017. Current and Upcoming Therapies for Ocular Surface Chemical Injuries. The Ocular Surface 15, 48–64. https://doi.org/10.1016/j.jtos.2016.09.002

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK