サイトへ戻る

酸素不足で黒目に血管が生える(角膜パンヌス)

目が澄んでいて綺麗な理由は、

黒目(角膜)が、本来血管がない透明な組織だからです。

透明な角膜を通して奥にある「虹彩」が透けて見えているため、黒目または茶目と呼ばれます。

虹彩が青いアメリカ人やヨーロッパ人は青い目、北欧の人は緑色など。

角膜の炎症は、透明性を保ったまま治癒させることが重要です。

「血管新生」をおこさないよう、生体は恒常性(ホメオスタシス)を保っています。

角膜の透明性を保つためには、酸素が必要です。

コンタクトレンズの長期使用で、角膜が酸素不足になる

 ↓

苦しくなった角膜の細胞は、

・角膜輪部(黒目と白目の境目)から血管を生やす

・白血球をよびよせる

 ↓

VEGFと呼ばれる蛋白(サイトカイン)を産生

 ↓

白目(結膜)から血管を引き寄せてきます(Angiogenesis, 血管新生)

コンタクトレンズ:酸素不足で黒目に血管が生える

角膜パンヌス(角膜血管新生)

コンタクトレンズ装用時間が長いひとに起こってきます。

顕微鏡で見ると、角膜の周辺部から血管が生えてきています

コンタクトレンズ装用者の20%に起こるとの記載があります1

白目(結膜)の血管拡張である「目の充血」と違い、「角膜パンヌス」は黒目に入ってくる血管が特徴です。

血管が中心部(瞳孔領)にかからなければ、視力に影響することはありません。

もっと大事なこと:

酸素が少ないと、角膜内皮細胞の障害にも繋がります2

角膜内皮細胞が障害されていないかを重視して、日常診療をおこなっています。

人魚のモデル「フロリダマナティ」の目

フロリダマナティは目がみえていません3。 

角膜の中央部まで血管が生えてきているのが原因です。

遺伝学的に、VEGFに関連した蛋白(sVEGFR1)が存在していないことがわかっています4

みえていないまま、海の中を泳いでいます。

血管新生をすすめる「VEGF」

VEGF(Vascular endothelial growth factor, 血管内皮細胞増殖因子):

がんの転移・網膜血管新生等において重要な蛋白(サイトカイン)として知られています。

サリドマイド内服による薬害(催奇形性/手足の成長障害)は、VEGFが原因であることがわかっています5

(いまは多発性骨髄腫の治療として復活しています)

基礎研究では、動物の角膜に血管新生を起こす方法があります6

生体の血管がよく見やすい実験方法で、今までにもたくさんの薬剤が試されています。

VEGFに対する治療薬:

ステロイド・免疫抑制剤・生物学的製剤(抗VEGF抗体、炎症性サイトカインに対する抗体等)

アイリーア・ルセンティス・ベオビュなどの抗VEGF生物学的製剤は、加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫・網膜静脈閉塞症・血管新生緑内障の治療に使われます。

抗VEGF抗体が臨床に使えるようになってまだ10年程度ですが、劇的な効果に皆で驚いたことはまだ記憶に新しいです。

角膜パンヌスをどう防げば良いか(予防)

○ 酸素透過性の高いコンタクトレンズを使用する

 HEMA素材よりも、シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズを使用する。

○ コンタクトレンズの使用時間を短くする

 帰宅後はすぐにコンタクトレンズをはずす

治療は、ステロイド点眼の使用で炎症を抑えることをはかります。

抗VEGF生物学的製剤は、角膜パンヌスに対しては保険適応はありません。

角膜パンヌス(角膜血管新生)を起こさないと同時に、

角膜内皮細胞を減らさないため、

「予防」が最も大切と考えます。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

(参考)

1.Rolfsen, M.L., Frisard, N.E., Stern, E.M., Foster, T.P., Bhattacharjee, P.S., McFerrin Jr, H.E., Clement, C., Rodriguez, P.C., Lukiw, W.J., Bergsma, D.R., Ochoa, A.C., Hill, J.M., 2013. Corneal neovascularization: a review of the molecular biology and current therapies. Expert Review of Ophthalmology 8, 167–189. https://doi.org/10.1586/eop.13.8

2.Liesegang, T.J., 2002. Physiologic Changes of the Cornea with Contact Lens Wear. Eye & Contact Lens 28, 12–27.

Alipour, F., Khaheshi, S., Soleimanzadeh, M., Heidarzadeh, S., Heydarzadeh, S., 2017. Contact Lens-related Complications: A Review. J Ophthalmic Vis Res 12, 193–204. https://doi.org/10.4103/jovr.jovr_159_16

3.Harper, J.Y., Samuelson, D.A., Reep, R.L., 2005. Corneal vascularization in the Florida manatee (Trichechus manatus latirostris) and three-dimensional reconstruction of vessels. Veterinary Ophthalmology 8, 89–99. https://doi.org/10.1111/j.1463-5224.2005.00351.x

4.Ambati, B.K., Nozaki, M., Singh, N., Takeda, A., Jani, P.D., Suthar, T., Albuquerque, R.J.C., Richter, E., Sakurai, E., Newcomb, M.T., Kleinman, M.E., Caldwell, R.B., Lin, Q., Ogura, Y., Orecchia, A., Samuelson, D.A., Agnew, D.W., Leger, J.St., Green, W.R., Mahasreshti, P.J., Curiel, D.T., Kwan, D., Marsh, H., Ikeda, S., Leiper, L.J., Collinson, J.M., Bogdanovich, S., Khurana, T.S., Shibuya, M., Baldwin, M.E., Ferrara, N., Gerber, H.-P., Falco, S.D., Witta, J., Baffi, J.Z., Raisler, B.J., Ambati, J., 2006. Corneal avascularity is due to soluble VEGF receptor-1. Nature 443, 993–997. https://doi.org/10.1038/nature05249

5.D’Amato, R.J., Loughnan, M.S., Flynn, E., Folkman, J., 1994. Thalidomide is an inhibitor of angiogenesis. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 91, 4082–4085. https://doi.org/10.1073/pnas.91.9.4082

6.Rogers, M.S., Birsner, A.E., D’Amato, R.J., 2007. The mouse cornea micropocket angiogenesis assay. Nature Protocols 2, 2545–2550. https://doi.org/10.1038/nprot.2007.368

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK