サイトへ戻る

クロミッド(クロミフェン):目の副作用 - 幻覚 -

クロミッド(clomiphene citrate, CC; クロミフェンクエン酸塩)は内服の排卵誘発剤です。

1961年に初めての記載1があり以後50年以上、不妊治療の治療薬として安全に広く使われています。

クロミッドは、女性ホルモンの"エストロゲン"の働きを抑えます。

脳の下垂体に働き、黄体化ホルモン(LH)・卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を促します。

婦人科領域の内服薬である一方、男性にも用いられることがあります。

筋肉増強作用もあるため、WADA(World Anti-Doping Agency)世界アンチ・ドーピング規定のリストに記載されていることでも知られています。

薬品名:

クロミッド(塩野義→富士製薬)

セロフェン(メルクバイオファーマ)

フェミロン(富士製薬) 等

クロミッド(クロミフェン):目の副作用 - 幻覚 -

"残像がみえる反復視"(Palinopsiaが、多くの場合で問題になります2,3

✔目がチカチカする

✔残像がのこる

✔まぶしい

✔目がかすむ

✔ものがゆれてみえる

いくつかの症例をご紹介します。

・30歳女性

100mgのクロミフェンクエン酸塩(Chromiphene citrate, CC)を内服4日後、

残像・人影がみえる・暗いところから明るいところへ移動すると光がみえる・日中に波打って見える

などの見え方の異常を自覚した。

その症状は5-10分程度続き、5日目の内服終了後軽減した。

眼科検査では異常がみられなかった。

その後CC内服を再開すると、同じような症状がみられた。

Palinopsia は、ふたつに分類されます4

* リンク先のGoogle imageもご参照ください。

Hallucinatory palinopsias  "幻覚様"

脳の後部(後部皮質)の影響より

残像はかたちがはっきりしていて、長く続き、みえかたの解像度は高い

Illusory palinopsias "幻影、錯覚"

migraines, head trauma, prescription drugs, or hallucinogen persisting perception disorder.

the afterimages described are affected by ambient light and motion and are unformed, indistinct, or low resolution.

片頭痛(migrane)、頭をぶつけたあと、幻覚剤持続性知覚障害(HPPD:Hallucinogen Persisting Perception Disorder)

残像はぼんやりした光の中でみているようで、かたちははっきりせず、みえかたの解像度は低い

このうち、この女性では、

クロミフェンで引き起こされたIllusory palinopsiasにあたるものとされます。

エストロゲンは視覚野を刺激して、幻覚に似た見え方をひきおこすことは古くから知られていました5。 

神経伝達物質に作用し、脳の視覚野(visual cortexes)〜視覚誘発電位(VEP) の生成に関与する。

エストロゲンが産生するガンマアミノ酪酸を抑制することは、視覚野のうち線条皮質の興奮性入力を増やす。

クロミッドと目:他の症状について/影響がいつまで続くか?

眼科の重篤な疾患である、網膜中心静脈閉塞症(Central retinal vein occlusion, CRVO)を引き起こすこともあります6

エストロゲンのうち、エストラジオールの血栓形成作用が原因と考えられます。

○ 32歳女性 不妊症 CCを10か月服用

shimmering(目がチカチカする)・afterimages(残像)・sensitivity to light(光をまぶしく感じる):2.5年間続く

○ 32歳女性 不妊症 CCを4か月服用

vibrating(ものがゆれてみえる)・shimmering(目がチカチカする)・flickering(ちらついてみえる)・afterimages(残像)・sensitivity to light(光をまぶしく感じる):4年間続く

○ 36歳女性 不妊症 CCを10か月以上服用

blurred vision(ものがかすんでみえる)・flickering(ちらついてみえる)・sensitivity to light(光をまぶしく感じる):症状は悪化し、7年間続いた

○ 36歳女性 不妊症 CCを8か月服用 

CRVO(網膜中心静脈閉塞症):5か月後には症状軽快

○ 35歳男性 不妊症 CCを8か月服用

CRVO(網膜中心静脈閉塞症):7か月後には症状軽快

○ 38歳女性 不妊症 CCを1か月服用

あまり目の副作用がない、という記載もあります7

その一方、CRVOの他に重篤な副作用の記載もあります。

○ 黄斑症8 

○ 前部ぶどう膜炎9 

○ 視神経症10

クロミッド(クロミフェン)をお使いの方で気になる方は、眼科を受診されてみてください。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

(参考)

1. Greenblatt, R.B., Barfield, W.E., Jungck, E.C., Ray, A.W., 1961. Induction of Ovulation with MRL/41: Preliminary Report. JAMA 178, 101–104. https://doi.org/10.1001/jama.1961.03040410001001

2. Purvin, V.A., 1995. Visual Disturbance Secondary to Clomiphene Citrate. Arch Ophthalmol 113, 482–484. https://doi.org/10.1001/archopht.1995.01100040102034

3. Venkatesh, R., Gujral, G.S., Gurav, P., Tibrewal, S., Mathur, U., 2017. Clomiphene citrate-induced visual hallucinations: a case report. J Med Case Reports 11, 60. https://doi.org/10.1186/s13256-017-1228-0

4. Gersztenkorn, D., Lee, A.G., 2015. Palinopsia revamped: a systematic review of the literature. Surv Ophthalmol 60, 1–35. https://doi.org/10.1016/j.survophthal.2014.06.003

5. Nicoletti, F., Patti, F., Ferrara, N., Canonico, P.L., Giammona, G., Condorelli, D.F., Scapagnini, U., 1982. Comparative effects of estrogens and prolactin on nigral and striatal GAD activity. Brain Research 232, 238–241. https://doi.org/10.1016/0006-8993(82)90633-3

6. Viola, M.I., Meyer, D., Kruger, T., 2011. Association between Clomiphene Citrate and Visual Disturbances with Special Emphasis on Central Retinal Vein Occlusion: A Review. Gynecol Obstet Invest 71, 73–76. https://doi.org/10.1159/000319497

7. Racette, L., Casson, P.R., Claman, P., Zackon, D.H., Casson, E.J., 2010. An investigation of the visual disturbances experienced by patients on clomiphene citrate. Fertility and Sterility 93, 1169–1172. https://doi.org/10.1016/j.fertnstert.2008.11.025

8. Tunc, M., 2014. Maculopathy following extended usage of Clomiphene citrate. Eye 28, 1144–1146. https://doi.org/10.1038/eye.2014.121

9. Myers, T.D., Fraunfelder, F.W., 2008. Bilateral anterior uveitis associated with clomiphene citrate. Ocul. Immunol. Inflamm. 16, 23–24. https://doi.org/10.1080/09273940701799155

10. Lawton, A.W., 1994. Optic neuropathy associated with clomiphene citrate therapy. Fertility and Sterility 61, 390–391. https://doi.org/10.1016/S0015-0282(16)56537-6

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK