サイトへ戻る

インサイドラインのアートメイク:目の表面を障害する理由

まつげの生え際よりも奥に、マイボーム腺 があります。

鏡でよくみると、点々が並んでいるのがわかるかもしれません(マイボーム腺開口部)。

インサイドライン(インサイドメイク・粘膜アイライン):

マイボーム腺(開口部)にアイラインを引く ことです。

マイボーム腺とは、

涙の成分になる"油"を常時排出し、目の表面をおおう涙液を蒸発させることを防ぐ

大事な働きをしている場所です。

インサイドラインのアートメイク:目に危険な理由

引き起こす目の疾患と、対処法を記載します。

○ ドライアイ

まばたきをすると、黒目(角膜)の表面はうすい涙のフィルムで覆われます。

拡大すると3層構造(油層/水層/ムチン層)

マイボーム腺機能不全に陥ると、油層に影響

→涙の蒸発を妨げられなくなり、ドライアイによる目の表面の不快感につながります。

○ マイボーム腺機能不全(Meibomian gland dysfunction, MGD)

目の不快感の主因になっていることがあります。

上述の鏡でみた点々のひとつひとつが、ふくれていることも見ることができます。

(*NHKテレビで”タピオカサイン”と紹介されていました)

番組名:ガッテン!

「まぶたを見れば一発判明!疲れ目乾きに真・癒やしワザ」

2020年7月22日(水)午後7時30分

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20200715/index.html

インサイドラインを引いたアイライナーを落とす

綿棒を使ってマイボーム腺開口部付近を綺麗に保ち、ときどき温める(お風呂でタオルを使用)

→油層が溶け出してドライアイ症状が改善することがあります。

○ アレルギー性結膜炎

結膜とは:

まぶたの裏・白目を覆う透明な膜、

血管・リンパ管が多く含まれており、炎症を起こしやすい組織です。

化粧の中に入っている抗原(アレルゲン)

→結膜にアレルギーの炎症反応を引き起こします。

まつげエクステ(マツエク)が原因となっていることもあります。

まぶたの裏の写真をとってお見せしています。

抗炎症薬点眼・抗アレルギー薬点眼を使用します。

○ 霰粒腫(ものもらい)

マイボーム腺が詰まる(マイボーム腺梗塞)

→出てこれなくなった油がまぶたの中にたまり、無菌性の炎症をおこします。

いわゆる「ものもらい」です。

点眼によってしばらく経過をみます、改善なければ眼科外来で切開をおこなうこともあります。

○ 角膜感染症

マイボーム腺開口部付近とくろめ(角膜)は接しているため、角膜感染症のリスクが高まります。

コンタクトレンズ装用に伴う角膜感染症の記載が参考になります。

抗生剤点眼・軟膏点入を基本として

状況に応じて、抗生剤内服・点滴

重篤な状態になれば、角膜移植をする必要もあります。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK