サイトへ戻る

ぶどう膜炎の診療をしています。

今でも半数は原因不明の目の炎症「ぶどう膜炎(虹彩炎・虹彩毛様体炎)」

・自己免疫疾患(自分の体の組織を攻撃してしまう病気)

・感染症

など、診療に多くの知識を必要とする疾患です。

サルコイドーシス、フォークト-小柳-原田病、ベーチェット病に伴うぶどう膜炎

急性前部ぶどう膜炎、慢性関節リウマチに伴うぶどう膜炎

ヘルペス性ぶどう膜炎(虹彩毛様体炎)、糖尿病に伴うぶどう膜炎、潰瘍性大腸炎に伴うぶどう膜炎 など

今では全ての疾患の患者さんをみています。

他施設の先生方よりご紹介いただく機会も増えてきました。いつもありがとうございます。

九州大学眼科研修医時より一貫してぶどう膜炎を専攻し、基礎免疫学から学んだ経験:

多岐に渡る目の炎症を、免疫学的観点から理解するようにしています。

画像を使って、わかりやすく説明できるシステムの構築。

→現在の状態/治療/予後 等についてご説明しています。

ぶどう膜炎で困っている方に、お役に立てて良かったと思う機会が多くなってきました。

医師ひとりのクリニックで、ぶどう膜炎の診療をする利点(特徴)

○ 良くなったり悪くなったりを繰り返す目の炎症に対し、いつでも対応をすることができる

✔︎ ぶどう膜炎診療に慣れた医師

✔︎ 地下鉄西新駅/藤崎駅から徒歩圏内で、受診しやすいクリニックを運営

(敷地内駐車場もあります)

○ ぶどう膜炎診療/経過観察に対応できる、診療体制

✔︎ OCT、OCTアンギオグラフィー:詳細な眼底検査により網膜、脈絡膜(ぶどう膜)の状態を把握

✔︎ 視野検査(ゴールドマン視野計・ハンフリー視野計):続発緑内障への対応/残っている視野の状態を把握

✔︎ 常勤の視能訓練士の協力を得た診療

✔︎ 眼局所治療(点眼・結膜下注射・テノン嚢下注射)に対応

✔︎ 使いやすいHaag-Streit社のスリットランプ顕微鏡(細隙灯顕微鏡)を使用:軽微な炎症細胞まで観察できる

✔︎ 指定難病に対応(臨床調査個人票の書類作成等)

○ 九州大学ぶどう膜外来との連携

✔︎ 医師ひとりの範疇を超えると判断された場合の、迅速な対応

✔︎ ステロイド・免疫抑制剤等(コルヒチン・シクロスポリン・メソトレキセート)内服治療

✔︎ 生物学的製剤(レミケード・ヒュミラ)を用いた治療

九州大学眼科・ぶどう膜外来の先生方

眼炎症学会でお世話になっている先生方

長年たくさん学ぶ機会をいただきありがとうございます。

ご不明なことがあれば、いつでもご連絡ください。

どうぞよろしくお願いします。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK