Return to site

小中学生の近視増加/ドライアイ:今週発表された知見のご紹介

"小中学生の近視増加傾向への警鐘"

- 都内小学生の約 80%、都内中学生の約 95%が近視 -

今週発表された、東京都内の小中学生1,400人を対象とした近視疫学研究のご紹介です。 

(慶應義塾大学の発表より)

・日本における近視有病率を約 20 年ぶりに報告。

・近視 とドライアイに関連がある可能性。

・2005 年度の厚生労働省の報告では、日本における失明原因疾患の第 4 位に強度近視が 挙げられていたが、日本での小児期の近視有病率は 1990 年代以後報告されていなかった。

・小学生 689 人における近視有病率は 76.5%、強度近視有病率は 4.0%、平均眼軸長は成人とほぼ同等の 23.41 mm であった。

・中学生 727 人における近視有病率は他国の 既報よりも高い 94.9%で、強度近視有病率は 11.3%、平均眼軸長は 24.73 mm であった。

本研究成果は、眼軸長測定を含めた近視有病率のデータであり、近年の都内小中学生の 近視に関する最新の基礎データとなります。本調査結果が近視の増加に対し警鐘を鳴らし、 今後の近視人口・強度近視人口の増加に歯止めをかける一助になると期待されます。

本研究成果は 2019 年 8 月 15 日(米国東部時間)『JAMA Ophthalmology』のオンライン版に掲載されました。

Yotsukura, E., et al., 2019. Current Prevalence of Myopia and Association of Myopia With Environmental Factors Among Schoolchildren in Japan. JAMA Ophthalmol. https://doi.org/10.1001/jamaophthalmol.2019.3103

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK