サイトへ戻る

緑内障・高眼圧症:レーザー治療の有効性【2020 臨床研究結果】

緑内障・高眼圧症に対して、第一選択として眼圧を下げる点眼薬が使われてきました。

それよりも、

先に選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)をおこなうことが有効

2019年にLancet誌に掲載された研究結果は、現在までの医学の常識を覆すこととなりました1

Thus far, IOP-lowering eye drops have been used as a first-line treatment for glaucoma and ocular hypertension (OHT), but a recent report from the Laser in Glaucoma and Ocular Hypertension (LiGHT) trial showed that selective laser trabeculoplasty (SLT), an outpatient laser procedure for the reduction of IOP, provides better clinical effective- ness and lower treatment intensity among newly diagnosed glaucoma and OHT patients compared with IOP-lowering eye drops, and comparable health-related quality of life, while also being cost-effective.2

LiGHT study:緑内障・高眼圧症に対して、点眼治療とSLT治療の比較

緑内障治療では、眼圧を下げることを唯一のターゲットとします。

その結果、視野狭窄の進行を抑えることを目標としています。

LiGHT study(Laser in Glaucoma and Ocular Hypertention)

:緑内障・高眼圧症に対しての点眼治療とSLT治療を比較する多施設無作為臨床試験

によって、SLT治療と点眼治療の効果が比較検証されています。

SLT治療が効果的に眼圧を下げることは、今までに多く検証されてきました3-5

「点眼治療に比べて、SLT治療は視野狭窄の進行を効果的に抑える」

2020.4月の Ophthalmology誌のオンラインに発表された結果です2

https://www.aao.org/editors-choice/first-line-slt-treatment-may-help-delay-visual-fie

視野狭窄の進行を抑える」ことへのSLTの有効性が明らかとなったことが、今回の新しい点です。

緑内障・高眼圧症のレーザー治療の有効性:多施設無作為臨床試験

344人(588眼):点眼治療

344人(590眼):選択的レーザー線維柱帯形成術(Selective Laser Trabeculoplasty, SLT)

4年間の視野解析をおこなった。

結論:

緑内障・高眼圧症と診断された患者のうち、

最初にSLT治療を行った群に比べて、最初に点眼治療を行った群の方が視野狭窄の進行が速かった。

開放隅角緑内障の第一選択治療としてのSLT:時代の変革か?

Selective laser trabeculoplasty as the primary treatment for open angle glaucoma: time for change?

2020.9月のEye誌に、記載されています。

LiGHT studyにより、

緑内障・高眼圧症の第一選択として、SLT治療をおこなうことが有効:

以上が科学的に示される時代となりました。

この結果を実際に受け入れるためには、

・眼科医の経験や考え方

・レーザー治療を行う施設へのアクセス

・長期的なコスト

・説明と理解

様々な検討事項があります6

日々変わっていく医学の常識を、冷静に追う必要があると考えます。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

(参考)

1. Gazzard, G., Konstantakopoulou, E., Garway-Heath, D., Garg, A., Vickerstaff, V., Hunter, R., Ambler, G., Bunce, C., Wormald, R., Nathwani, N., Barton, K., Rubin, G., Buszewicz, M., Ambler, G., Barton, K., Bourne, R., Broadway, D., Bunce, C., Buszewicz, M., Davis, A., Garg, A., Garway-Heath, D., Gazzard, G., Hunter, R., Jayaram, H., Jiang, Y., Konstantakopoulou, E., Lim, S., Liput, J., Manners, T., Morris, S., Nathwani, N., Rubin, G., Strouthidis, N., Vickerstaff, V., Wilson, S., Wormald, R., Zhu, H., 2019. Selective laser trabeculoplasty versus eye drops for first-line treatment of ocular hypertension and glaucoma (LiGHT): a multicentre randomised controlled trial. The Lancet 393, 1505–1516. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)32213-X

2. Wright, D.M., Konstantakopoulou, E., Montesano, G., Nathwani, N., Garg, A., Garway-Heath, D., Crabb, D.P., Gazzard, G., 2020. Visual Field Outcomes from the Multicenter, Randomized Controlled Laser in Glaucoma and Ocular Hypertension Trial (LiGHT). Ophthalmology 127, 1313–1321. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2020.03.029

3. Gazzard, G., Konstantakopoulou, E., Garway-Heath, D., Barton, K., Wormald, R., Morris, S., Hunter, R., Rubin, G., Buszewicz, M., Ambler, G., Bunce, C., 2017. Laser in Glaucoma and Ocular Hypertension (LiGHT) Trial. A multicentre, randomised controlled trial: design and methodology. British Journal of Ophthalmology 102, bjophthalmol-2017. https://doi.org/10.1136/bjophthalmol-2017-310877

4. Konstantakopoulou, E., Gazzard, G., Vickerstaff, V., Jiang, Y., Nathwani, N., Hunter, R., Ambler, G., Bunce, C., 2017. The Laser in Glaucoma and Ocular Hypertension (LiGHT) trial. A multicentre randomised controlled trial: Baseline patient characteristics. British Journal of Ophthalmology 102, bjophthalmol-2017. https://doi.org/10.1136/bjophthalmol-2017-310870

5. Nagar, M., Ogunyomade, A., O’Brart, D.P.S., Howes, F., Marshall, J., 2005. A randomised, prospective study comparing selective laser trabeculoplasty with latanoprost for the control of intraocular pressure in ocular hypertension and open angle glaucoma. Br J Ophthalmol 89, 1413–1417. https://doi.org/10.1136/bjo.2004.052795

6. Ang, M., Tham, C.C., Sng, C.C.A., 2020. Selective laser trabeculoplasty as the primary treatment for open angle glaucoma: time for change? Eye 34, 789–791. https://doi.org/10.1038/s41433-019-0625-6

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK