サイトへ戻る

膠原病治療薬の合併症:クロロキン網膜症

全身性エリテマトーデス・皮膚エリテマトーデスの標準的治療薬として用いられるヒドロキシクロロキンは、長期使用で網膜障害(ヒドロキシクロロキン網膜症)をきたすことがあります。

ヒドロキシクロロキン(Hydroxychloroquine, HCQ):プラケニル®(サノフィ株式会社)

アメリカ眼科学会からは60年の臨床経験を基にした網膜症スクリーニングのガイドライン1,2があり、

上記を参考として日本眼科学会からも「ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き3」が出されています。

1. 本剤投与開始時には、患者が禁忌対象(SLE網膜症を除く網膜症、黄斑症の既往・合併)に該当しないこと。

および本剤投与前の眼の状態を正確に把握しておくことを目的として実施する。

2. 本剤投与開始後は定期的に、少なくとも年1回の頻度で眼科検査を実施する。

3. 本剤による眼障害に対して以下のリスクを有する患者では、年1回よりも頻回に(患者の状態に応じて、例えば半年ごとなど)検査を実施する。

・本剤の累積投与量が200gを超えた患者
・高齢者
・肝機能障害または腎機能障害患者 ・視力障害のある患者、SLE 網膜症患者、投与後に眼科検査異常を発現した患者

「長期にわたって投与する場合には,少なくとも年に 1 回これらの眼科検査を実施すること」

以下の検査をおこなっています。

◯ 視力検査
◯ 細隙灯顕微鏡検査
◯ 眼圧
◯ 眼底検査
◯ 色覚検査

◯ SD-OCT(スペクトラルドメイン OCT)

◯ 視野検査

1. Marmor, M.F., Kellner, U., Lai, T.Y.Y., Lyons, J.S., Mieler, W.F., 2011. Revised Recommendations on Screening for Chloroquine and Hydroxychloroquine Retinopathy. Ophthalmology 118, 415–422. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2010.11.017

2. Marmor, M.F., Kellner, U., Lai, T.Y.Y., Melles, R.B., Mieler, W.F., 2016. Recommendations on Screening for Chloroquine and Hydroxychloroquine Retinopathy (2016 Revision). Ophthalmology 123, 1386–1394. https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2016.01.058

3. 近藤 峰生, 篠田 啓, 松本 惣一, 横川 直人, 寺﨑 浩子., 2016.ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き. 日眼会誌120:419-428

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK