サイトへ戻る

眼鏡/コンタクトの度数と、体調

いままでにあわせた眼鏡・コンタクトレンズが「過矯正」になってしまっていることがあります。

眼鏡・コンタクトを合わせる際に、ピント調節が強く働いてしまっていたためです。

ひとによってさまざまな「調節」の状態に対処をすることで、改善が見込めます。

過矯正のメガネ・コンタクトを使った場合の「調節過剰」

近くをみる場合に、

常に調節を働かせておく状態になります。

:毛様体筋(=水晶体の周りでピントを合わせる筋肉)が緊張した状態。

Accommodative excess(調節過剰)

眼鏡/コンタクトの度数と、体調:

様々な体調変化が出てしまいます。

・近くのものを少し見ただけで疲れてしまう

・近くのものを少し見ただけで頭痛がする

・ものがかすんでみえる

・集中力が続かない

・目の周りが押されたようにある

・文字が動いてみえる

改善する方法

20-20-20ルールをやってみる

20分近くを見て集中したら、20秒間だけ遠く(20フィート=6メートルくらい)をみる。

毛様体筋をリラックスさせる:

「緑をみると目にいい」

「山をながめていると目がよくなる」

「夜の星をみると目にいい」

等、同じものと考えて良いと思います。

ポモドーロテクニックを、勉強・仕事の時間の使い方に役立てる

:集中する時間を25分間に区切って、リラックスした状態をはさむ方法です。

 考案されたころはトマト型のタイマーを使う話、現代ではiPhoneのアプリなどもあります。

○ 適切なメガネ・コンタクト処方

○ 調節に作用する点眼を使う

調節の影響をとりのぞいた検査で、正確な目の度数を知る

近くのものをみるときには、

水晶体がふくらんで、一時的に近視化します。

そのまま眼鏡を合わせてしまうと、過矯正になります。

以前「仮性近視」と呼ばれていた状態にもあたります。

調節の影響を取り除くために使うのが、

雲霧(うんむ)法:

レンズによって焦点の合わない時間をしばらく作ります。

それでも、効果が不十分となってしまうこともあります。

屈折異常(近視・遠視・乱視)に対して、

調節の影響をとりのぞいた正確な目の度数を知る必要があります。

【実際の診療】

調節機能解析装置(アコモレフ)で、眼の調節の状態をグラフ化してご説明します。

状態に合わせて、

○ 上記「20−20−20ルール」「ポモドーロテクニック」のお話

○ 調節緊張を緩和する点眼処方

○ 適切なメガネ処方

アコモレフの結果に合わせて、適切な眼鏡度数を考えます。

・眼位(両目の動き)

・輻輳(ふくそう:近くをみるときに正常に寄り目になっているか)

にも、留意します。

視能訓練士が検査をおこなっています。

こどもの目の診療では、

調節麻痺の点眼(瞳孔が開く目薬)を用いることもあります。

正確な目の度数「屈折」を知ることができます。

1.-3.の順に

まぶしくなる時間/ピントがあわなくなる時間が、それぞれ異なります。

(1) ミドリン

最も多くおこなっている方法です。4-5時間後/その日のうちに通常のみえ方にもどります。

(2) サイプレジン

2-3日みづらくなります。

週末や長期休暇(春休み、夏休み、冬休み)のころにおこなうことが多いです。

(3) アトロピン

調節性内斜視、強度の遠視が疑われるこどもにおこなっています。

0.5%に希釈したアトロピンの1日2回点眼をお願いして、1週間後に来院していただいています。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK