• 強度近視

    ◯ 成長にともなって、眼軸(眼球の前から後ろまでの長さ)が長くなることで近視となります。

     眼球の前から後ろまでの長さ・奥行き(眼軸)は平均2.4センチメートル

     

    ◯ 近視が進んでマイナス6D以上の「強度近視」の状態では、近視性脈絡膜新生血管や網膜剥離といった網膜疾患を引き起こし失明原因となる「病的近視」の危険があります。

     

    原因の詳細は分かっていませんが、眼軸が長くなることで網膜が引っ張られることが主因と考えられています。

     

    緑内障の危険因子としても、重要になります。

     

    ✔ 近視が強い方は早めに眼の状態を把握し、経過をみることが重要となります。

     

    (作成中)

  • 自由にセクションをつくりましょう!

    様々な要素を自由に追加・編集できます。

  • たける眼科

    西新駅/藤崎駅「高取商店街」

     

    眼炎症・網膜・緑内障・眼科一般

    コンタクトレンズ・オルソケラトロジー

     

    赤ちゃんから大人~ご年配のかたまで、ご家族で安心してかかっていただけるやさしいクリニックを目標に、スタッフ一同 日々尽力してまいります。

すべての投稿
×