View this post on Instagram

近視進行抑制に対しての低容量アトロピン点眼に対して: Ophthalmology誌2016の論文に示されたエビデンスのご紹介を作っています。 グラフ化した毛様体筋(ピントを調節する筋肉)の状態と合わせたご説明を、みなさまにしています。 この数年で、“こどもの近視はどうしても進む”→”進行は抑えられるのでは?” と世界が変わってきていることをお話したいと思います。外遊びはとっても大事。 #近視 #屈折異常 #こどもの近視 #仮性近視 #外遊び #めがね #コンタクト #西新 #高取 #藤崎 #眼科 #たける眼科 #福岡市早良区 #眼科専門医 #視能訓練士

A post shared by たける眼科 (@takeru_eye) on