View this post on Instagram

【円錐角膜の診療】 眼鏡・コンタクトレンズで視力が出づらい: 角膜形状解析装置によって、円錐角膜がみつかることがあります。 必要に応じて、適切なコンタクトレンズを処方します。 進行されているかたには、メニコンローズK-Tシリーズにも対応できるようになりました。 今後も診療の幅を拡げていきたいと思います。 #西新 #高取 #藤崎 #高取商店街 #西新商店街 #眼科 #たける眼科 #福岡市早良区 #眼科専門医 #視能訓練士 #円錐角膜 #コンタクト #コンタクトレンズ #ハードコンタクト #keratoconus #rgpcontactlens

A post shared by たける眼科 (@takeru_eye) on