View this post on Instagram

調節機能解析装置のしくみ: 毛様体筋(ピントをあわせる筋)の状態をみる機械です。 中をのぞいて、近づいてくる花火の絵にがんばってピントをあわせてみていただいたときの、 調節微動(microfluctuations)をグラフ化します。 high frequency component (HFC) :毛様体動脈の拍動に関連するもの HFCが強ければ黄〜赤色のグラフの色として示されます。 グラフの右側が近く、左側が遠くをみたときのHFCの状態です。 #眼精疲労 #スマホ #スマホ首 #スマホ老眼 #IT眼症 #テクノストレス症候群 #VDT症候群 #調節機能解析装置 #アコモレフ #digitaleyestrain #西新 #高取 #藤崎 #眼科 #たける眼科 #高取商店街 #西新商店街 #福岡市早良区 #眼科専門医 #視能訓練士

A post shared by たける眼科 - 福岡市早良区 高取商店街 (@takeru_eye) on