• 検査・診療

    眼の状態を包括的に把握する目的で、様々な機械を揃えました。

    診察前の各検査は、視能訓練士(ORT)および検査助手によりおこないます。

    オートレフケラト/トノ/パキメータ

    オートレフケラト/トノ/パキメータ

    TONOREFIII(ニデック社)

    • 近視/遠視/乱視の度数や軸・角膜のカーブを測定(オートレフ機能)した後に眼球の圧を測ります(トノメータ機能)。
    • 角膜の厚みを測定(パキメータ機能)、眼圧補正値を自動計算します。
    • このデータをもとに眼鏡・コンタクトレンズ処方の度数を決定したり、視力検査の参考とします。
    • 眼圧測定の際に眼に当たる風が従来機より軽くなっています。

    視力検査

    SSC-370 type D(ニデック社)

    • オートレフラクトケラトメーターのデータを元に視力を測ります。
    • 1mの距離で視力検査を行います。

      近い距離で検査が可能な為、集中して検査を行って頂くことが出来ます。

    • 部屋の明るさの影響を受けにくく、上下の眼の動きが必要ないという特徴があります。
    • 必要あるかたには従来の5m視力も対応可能です。
    細隙灯顕微鏡 BQ900/LED Haag-Streit

    細隙灯顕微鏡検査

    BQ900/LED (Haag-Streit社)

    • 古くから定評のあるスイスHaag-Streit社製。
    • 眼球の表面(角膜・結膜)、前房、水晶体、およびまぶたの状態などを顕微鏡で詳細に観察します。
    • 特殊レンズを用いて眼底検査(硝子体、網膜)を行います。
    • 精密な眼圧測定も行います。
    • ドライアイの検査(涙液層検査)を行います。

    診察室内モニター

    U2715H(Dell社)

    • 細隙灯顕微鏡の画像を撮影できます。
    • その他すべての検査画像等は患者さんの目線の高さで、モニターに掲示してご説明します。
    光干渉断層計 RS-3000 Advance2 OCT Angiography

    光干渉断層計(OCT) /OCT血管撮影

    RS-3000 advance 2(ニデック社)

    • "眼科のMRI"、網膜・硝子体の断面図を把握し、網膜疾患・緑内障の早期発見・診断治療に役立てます。
    • OCT血管撮影 (OCT angiography):造影剤を用いずに網膜脈絡膜血管の状態を把握します。

    無散瞳眼底カメラ

    AFC-330(ニデック社)

    • 瞳孔を拡げる点眼を使用せずに眼底写真を撮影することが可能です。
    • 低光量での撮影が可能、従来の眩しさを軽減。
    • 写真をモニター画面に映し出してご説明致します。
    • (医師による詳細な眼底観察には瞳孔を拡げる必要があります)
    網膜光凝固装置 GYC-500 

    網膜光凝固装置

    グリーンレーザーGYC-500(ニデック社)

    • 眼底の網膜にレーザーを照射することによって網膜疾患に対処します。
    • 主な対象疾患:糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、網膜剥離裂孔、中心性漿液性網脈絡膜症 等

    静的視野計

    HFAIII 840(カールツァイス社)

    • 視野検査の世界標準ハンフリーフィールドアナライザーを採用。
    • 採用のHFAIII 840では、最短で片眼2分前後の測定が可能となりました。
    • 一点を見つめたまま、眼を動かさずに見える範囲を調べます。色々な方法から光を出して、見えたらボタンを押して答えて頂きます。 中心部30度および10度の視野を細かく調べます。
    • HFAレポート:視野変化の経時的解析と残存視野の予測に関しての説明。
    • 緑内障進行解析:Visual Field Index [VFI]を用いたGlaucoma Progression Analysis [GPA] 。
    • OCT/OCT angiographyと視野検査結果の対応についての説明。

    動的視野計

    L-1560(イナミ社)

    • 国際的に最も普遍的な視野計であり、自動視野計の基準にもなっています。
    • 患者さんの反応をみながら、ハンフリーよりも広い範囲の視野狭窄・視野欠損を調べます。
    • 進行した緑内障や脳の疾患の診断にも用います。
    調節機能解析装置 アコモレフ

    調節機能解析装置

    アコモレフ2(ライト製作所)

    • 調節機能解析:複数(33cm, 50cm, 1m, ∞) の距離にピントを合わせようとしたときの調節反応量と、その調節を維持するための毛様体筋の緊張度合いを他覚的に測定。測定の結果はFk-map(Frequency of Kinetic reaction)により、調節障害を視覚的に表示します。
    • 調節緊張症・調節けいれん・調節パニック・老視(老眼)・調節緊張書を伴う老視・IT眼症(VDT症候群/テクノストレス眼症)・眼精疲労 等

    オートレンズメーター

    LM-7(ニデック社)

    • メガネ/ハードコンタクトレンズの度数を正確に調べることができます。
    • 累進レンズ(遠近両用眼鏡)の測定もできます。
    • UV透過率測定機能搭載
All Posts
×