円錐角膜を「早くみつける」ことを大事にしています。

必要に応じて、角膜上皮を傷つけない適切なコンタクトレンズを選ぶ。

"乱視が強い"、"コンタクトがあわない"、"コンタクトを装用してもどうしてもみづらい"

などから、円錐角膜が発見されることがあります。

円錐角膜とは

円錐角膜では黒目(角膜)が突出し、不正乱視をきたします。

顕微鏡でわずかにわかる程度です。

進行性疾患で、炎症を伴いません。

角膜形状解析装置(角膜トポグラフィー)が診断の助けになります。

・不正乱視の悪化

・”急性水腫”から生じる角膜の濁り

によって、高度に視力を障害してしまう可能性があります 1, 2

円錐角膜の診療

◯ 角膜形状解析装置を用いた、円錐角膜の早期発見/精密検査/経過観察

◯ 円錐角膜の形状に対応した特殊なハードコンタクトレンズ処方(Rose Kレンズ)

をおこなっています。

円錐角膜の罹患率は2000人にひとり:

緑内障(40歳以上の20人にひとり)よりは少なく、

網膜剥離(10,000人にひとり)よりは多くみられる疾患です 3。 

コンタクトがあわない、視力が出ない等の症状で受診されたかたの検査:

乱視が強い状態がわかることがあります。

-2D以上の強い乱視のかたに、「角膜形状解析装置」を用いた検査(スクリーニング)。

その結果、円錐角膜が発見されることがあります。

円錐角膜のコンタクトレンズ処方

ソフトコンタクトレンズでは、円錐角膜の形状を矯正することができません。

そのため、ハードコンタクトレンズの処方が必要になります。

通常のハードコンタクトレンズでは、円錐角膜の突出部がこすれてしまい

ゴロゴロするなどの異物感や、こすれた部位の混濁が生じる可能性がある:

適切な形状のコンタクトレンズが必要になります 4

「Rose K」円錐角膜用のコンタクトレンズ

ニュージーランドの眼科医(Optometrist)Paul Rose氏により開発されたレンズです。

日本では唯一、円錐角膜用として厚生労働省より認可されているハードコンタクトレンズです。

「three point touch」突出部・周辺部の支えを最適化するレンズを選択:

トライアルレンズは、総計960種類。

様々なグレードの円錐角膜に合うよう、プロトコルに則り選びます。

円錐角膜コンタクト処方の方法論に基づいた「最適なレンズの選択」は、担当者毎の高度な調整加工技術に依存しない「再現性」があります。

突出部とハードコンタクトレンズの間にごく僅かな涙液が存在する状態(feather touch;羽毛のような接触)になるように、適切なベースカーブ・レンズ周囲形状を選択します5

円錐角膜:最新の治療への対応

円錐角膜は、以前は治療法がとても限られた疾患でした。

・急性水腫への対応(ステロイド治療)

・全層角膜移植の適応

角膜専門施設(2001年当時の山口大学眼科)での研修医時に、毎週たくさんの角膜移植患者さんの診療を担当しました。

手術後の合併症:拒絶反応(5人にひとり)、移植角膜の脱落→再手術 等

後戻りができない「手術」以外の方法で、円錐角膜に対応できたらと考えました。

健康な角膜は透明で、免疫反応がなさそうにみえます。

角膜移植後に拒絶反応が起こるのは、角膜にも免疫細胞が存在するためです 6

現在では新しい治療法が登場し、円錐角膜の早期発見がより重要な時代になりました。

◯ 円錐角膜の進行を抑制する「角膜クロスリンキング」(Corneal collagen cross-linking, CXL) 7

◯ 円錐角膜の進行を抑制する「角膜内リング」(Instastromal corneal ring segment, ICRS) 8

いずれも保険診療外の治療です。

適応の有無を患者さんと相談したうえで、最適な角膜専門施設への紹介/併診をおこなっています。

得意分野を持つ国内外の角膜専門医と、画像を用いて相談する機会もあります。

いつもありがとうございます。

たける眼科

www.takeru-eye.com

「高取商店街」

福岡市地下鉄 西新駅/藤崎駅

(参考)

1. Jhanji, V., Sharma, N., Vajpayee, R.B., 2011. Management of keratoconus: current scenario. British Journal of Ophthalmology 95, 1044–1050. https://doi.org/10.1136/bjo.2010.185868

2. Fan Gaskin, J.C., Patel, D.V., McGhee, C.N.J., 2014. Acute Corneal Hydrops in Keratoconus—New Perspectives. American Journal of Ophthalmology 157, 921-928.e1. https://doi.org/10.1016/j.ajo.2014.01.017

3. 井手武., 2019. 診療所で円錐角膜を見つけるには 日本の眼科90: 8号 p.1024-28.

4. Leung, K.K., 1999. RGP fitting philosophies for keratoconus. Clinical and Experimental Optometry 82, 230–235. https://doi.org/10.1111/j.1444-0938.1999.tb06653.x

5. Mandathara Sudharman, P., Rathi, V., Dumapati, S., 2010. Rose K Lenses for Keratoconus—An Indian Experience: Eye & Contact Lens: Science & Clinical Practice 36, 220–222. https://doi.org/10.1097/ICL.0b013e3181e5cd0b

6. Hamrah, P., Liu, Y., Zhang, Q., Dana, M.R., 2003. The Corneal Stroma Is Endowed with a Significant Number of Resident Dendritic Cells. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci. 44, 581–589. https://doi.org/10.1167/iovs.02-0838

7. O’Brart, D.P.S., 2014. Corneal collagen cross-linking: A review. Journal of Optometry 7, 113–124. https://doi.org/10.1016/j.optom.2013.12.001

8. Miraftab, M., Hashemi, H., Hafezi, F., Asgari, S., 2017. Mid-Term Results of a Single Intrastromal Corneal Ring Segment for Mild to Moderate Progressive Keratoconus: Cornea 36, 530–534. https://doi.org/10.1097/ICO.0000000000001115

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK